おもちゃをご利用の際のご注意




猫の家では
 

おもちゃの設計について


・できるだけパーツを少なくする

・おもちゃが猫の体に当たったときに
 できるだけ痛くないようにする

・猫が噛む頻度が高いであろう部分には硬い物を使わない

  などの安全策をとり

 

製造段階で


・チェックや検品で、パーツの外れ・強度について
 1点1点行っています。



しかし、猫さんと遊ぶ方の配慮なしに

誤飲などの事故は決して防ぐことはできません。



猫さんの様子をよく見ながら、性格やクセ、行動をよく理解して
お使いくださいますようお願いいたします。

おもちゃを使っていないときや
ニンゲンがそばを離れるときなどは

必ず猫さんの手の届かない場所にしまうようにしてください。

遊ぶ前や最中に、破損があればすぐに取り上げていただきますよう

目が行き届かない時やヒトと一緒でないときには
必ず猫さんの手が届かない場所にしまっていただけますよう、
お願いいたします。


おもちゃで遊ぶ際にはどうか、安全に配慮のうえ
猫さんの性格や性質、個性をよくご理解のうえ

それぞれの猫さんに危険のないように
お使いくださいますよう、お願いいたします。



おもちゃが、猫さんにとって
ただ楽しくウレシイだけのものであるために。